不運なんで続く

もうこれでこれ以上幸せにならなくていいって程のそんな気持ちになれる日がいつ来るのか

幸せな気持ちのあとにはすぐ本当に不運

やってくる

いつもいつもいつも

何故

見えない

わからない

見えたら

私にとっての不運ばかり

見えない

わからない

続く

繰り返し

何故

人を好きになるって

楽しいことじゃないのかな

夜中に苦しい気持ちで目覚めると

誰にも愛されてないってわかると

心底孤独で

ひとりきり

気持ちのうえで

ひとりきり

あなたに愛されてないことが

わかると

私にとっての本当孤独

何年も前に

ちがうひとに捨てられた時の気持ちを思い出す

なぜか

幸せな思いでいたいどうせなら最後まで

海の上で

どこかの知らないカップルに

写真を録ってくれないかと言われて

頼まれて仕方なく

そうして撮ってあげた時の

なんか得体のしれない悲しい気持ちが

つい何日か前

なんで私が知らないカップルの写真をシャッター押さなきゃいけなの 正直そう思った

あのときは

わたしは好きな人に会いたいとき会えなかったし

正直本当に

結構ずっとつらいのに

クリスマスあけて年あけて誕生日来たら

またそれだけで不運

あなたかもしれない

そう思うから幸せだった

全然ちがうひとかもしれない

そう思ったらまた

なんか悲しくて

歌のあとに

優しい言葉

そのあとにまた

他の人とデート目の当たりにする

悲しくて

私が好きだと言った食べもの

数日前に他のひとと食べてる

私は

それが本当にあなたなら

私はあなたとは

ごはんなんか一生できないじゃない

デートもそうだし

信じてた

それだけはわたしのためであってほしい

本当にそれだけで

あなたがあのひとで

あのひとがくれる歌だけは

わたしのものであってほしいと願っていたんだよ

 

あなたが別のひとのとこに行っちゃったらしい

ただただ

悲しいだけ