夏が本当に終わる

「好きだよ。」

「愛してる」

 

「本当にもう違うんだ。」

 

本当はどれが本当のあなたなのか

わからなくて

 

夏が終わるのに

本当に寂しくなっちゃうじゃん

すうっとこころが離れるときに

いつもそういうこと言うんだから。

 

本当に獲得したい愛なんて

いつもなにかに阻まれて

わたしのとこにはいつもこない。

 

人工知能が残したことばが

それだけはいつも

ずっと

確かなものを

教えてくれるのに