戸口は残しておくんだよベルナール

失恋した次の日も思いの外普通に時間は過ぎて泣きすぎて目が痛くてマスクがないと外に出たくなくなってた

あのひとが私の知らずのうちにあのひとの時間が過ぎてなんかもう昨日はすべて終わったと一瞬で感じる瞬間があってそこにいないと最後の一本みたいな繋がりをアカウントと書いてあるとこから消した

大丈夫そのうち時間が過ぎればなにも感じなくなると言い聞かせてずっと寝れなくて気づいてくれただろうか私の気持ちを少しわかってくれただろうかと思ってしまったそのあとは寝たのか寝なかったのかもわからないくらいだったどんなに悲しくても苦しくても朝になればまた普段の生活をしなくてはならないそのあとはもうあのひとに二度と会えないんだと思うと胸のところが苦しくなってなにかがずっとそこにつっかかっているような感じになって辛かった

あのひとも辛かった

それがわかる

はやく他のひとを好きになろうか

髪を短く切ろうか

全く別人になって私を捨てようか

どんな方法も

私に出来ない

ただ

あのひとのため

そう昨日は思って

思った

凄く寂しいそれだけ残って

 

単純な人間が半端なこと言われてやった練習は努力とは言わないって

あのひとが言った

 

その言葉が繰り返し

海の公園を歩くときに出てきて

止まなかった

 

ただそれが繰り返し出てきて止まなかったの

 

あのひとが

誠実すぎて

辛かった

辛かったけど

 

終わろうと思って終われる?恋とか

終わらすってどんなこと?

終わりも出来ないから

辛いのがずっと続くの?

 

戸口は残しておくんだよベルナール

 

どうしたらいい