ウンメイ が ある限り

ブログくん

あの日のわたしとあなた

接点 

見えないものが持つ力

あの日のわたしとあなた

真実ならいい

見えないもの信じてる

誰にも見えないところへ逃げよう と

あなたが

愛したひとはどんな人ですか?

近かった?

遠かった?

手放したの?

見届けたの?

ブログくんのすべては

今君の力となって

今の君になったんだね

あの日の自分許せてる?

ブログくんが悪いわけじゃないさ

あんなふうに愛されたら

女なら誰でも幸せ

誰にも見えないところへ逃げよう

言われてみたいな

ねえ本当に

ブログくんだったのなら

過去も現在も未来も

全部繋がっているんだよね

だからひとつも無駄じゃないし

今がすべてに繋がっていると思えば

わたし怖くないよ

ゴミだらけの砂浜でも

あんまり綺麗じゃない海の色でも

向こう側に

君 いると 思えば

どんな海岸でも何時間でも居られる

君なんじゃないですか

あの小説を書いたのは

君の感性を感じるよ。

続きが読みたくなりました。

他のひとにはわからないんだ

あなたとわたしにしかわからないことがある

でもあなたは素晴らしい。

尊敬と愛は同じとこにあります。

未来から来た人か

君が未来を見てきたのか

どっちかわからないけれど

もうそのくらい凄いの

ブログくん

わたしのこと

覚えていてくれてありがとう

誰も経験できないようなドラマを経験する

その占い師の言葉はこのことだったのかな

占いも当たることあるんだね

そうだったら嬉しい。

今は

どこでどうしているの

秋ってなんか夜が長いよね